ジュランツ

ジュランツお試し

 

 

 

 

 

高須クリニック 美容皮膚科医の高須英津子先生が開発したドクターズコスメ【ジュランツ】は肌が本来持っている、細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)という機能を高めることに着目したスキンケアコスメです。

 

 

・シミ、くすみ、たるみ、シワが気になる方 ・ニキビ肌・敏感肌でお悩みの方 ・エイジングケアを意識している方へおすすめ

 

 

細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)という機能を高めることを考えました。こだわったのは、肌細胞の再生を活性化するEGF、 FGF、IGFという3つの成分です。

 

 

 

 

 

 

 

EGF、 FGF、IGFとは・・・・・

 

 

 

◎EGF (上皮成長因子)

 

ノーベル生理学・医学賞を受賞したEGF。EGFは人間の体内にある成分ですが、年齢と共にどんどん減少

 

◎FGF (繊維芽細胞増殖因子)

 

FGFはお肌にとって重要なコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を増やす成長因子

 

◎IGF (インスリン様成長因子)

 

成長ホルモンの機能に似た増殖因子で、EGF、FGFの効果を高める働き

 

 

 

 

【ジュランツ】についてまずはお得なお試しトライアルセットからお試しください。

 

 

 

 

 

ジュランツ基本ケアアイテム +  スペシャルケア

 

 

 

トライアルセットの内容

 

 

 

◎潤いクレンジング
クリームクレンジング……9g
強くこする必要なくスルッとお肌になじむので、必要な水分や油分を奪いません
◎角質クレンジング
リファイン クレンジングオイルEX……23ml
3GF配合で潤いながらクレンジング。なめらかな感覚で強くこすらずに素早くメイクオフ

 

◎パーフェクト洗顔
アクアウォッシュ……9g
紫根エキス配合で、きめ細かい泡が毛穴の奥の汚れもすっきり落とす

 

◎洗顔後の整肌
セルコンディショニングローション……23ml
3GF、ビタミンA誘導体などを贅沢配合した究極の拭取り兼導入化粧水・キメの整った滑らかな柔肌へ。

 

◎保湿化粧水
リファイン リッチローション……23ml
肌の弾力や保湿力をつかさどる成分を配合し、一日中乾かない快適な肌環境へ

 

◎うるおいラッピング
リファイン エマルジョン……5ml
EGFを高濃度で配合、なめらかに肌になじみ、肌の上の角質層をうるおいで満たすアイテム

 

◎パウダー状美容液
ホワイトパウダーEX……3個
新型ビタミンC誘導体APPSとTPNaをダブルで配合したパウダー状美容液

 

◎高保湿美容液
セラリッチミルク……5ml
セラミド高配合4.25%のスペシャル美容液。ふだんのお手入れにスペシャルケアとして

 

◎黄金美容液
ゴールドセラム……5ml
金と白金、3GFを贅沢に、トリプル配合。さらに「奇跡のリンゴ」として話題のリンゴ果実培養細胞エキスも配合した、極上黄金ケアエッセンス。

 

◎ハリ弾力美容液
ウルトラセラムU……5ml
レチノール配合で、この1本で肌ダメージをトータルケア。ジュランツ人気の美容液

 

◎美容クリーム
リファイン リッチクリーム …3g
新型ビタミンC誘導体「APPS」と3GFを贅沢に配合したジュランツ至上最高峰のクリーム

 

 

 

 

 

気になるお値段は!!特別価格です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターズコスメ【ジュランツ】 詳細はこちら

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアガイド

 

 

 

敏感肌になっている人は、バリア機能が作用していないことを意味しますので、その代りをするアイテムとなると、お察しの通りクリームで決まりです。敏感肌専用のクリームを選ぶことが必要でしょう。
ほんのわずかな刺激で肌トラブルに陥ってしまう敏感肌で悩んでいる人は、肌そのもののバリア機能が休止状況であることが、シリアスは原因だと断言します。
お肌の状態のチェックは、寝ている以外に2〜3回行なわないといけません。洗顔を行なえば肌の脂分も除去できて、いつもとは違った状態に変化しますので、スキンケアには洗顔前のチェックが欠かせません。
20〜30代の女の人においても増えつつある、口や目周囲に生じているしわは、乾燥肌が原因で生まれる『角質層のトラブル』の一種です。
肌の新陳代謝が滞りなく続くように毎日のケアを実践して、水分豊富な肌になりたいものですよね。肌荒れを抑え込む際に効き目のあるビタミン類を摂り込むのも良いでしょう。
紫外線というものについては常に浴びているので、メラニン色素の産生がなくなることはあり得ません。シミ対策をする上でポイントとなるのは、美白に効くと言われる製品を使った事後の対処というよりも、シミを発症させないような防止策を講じることなのです。

 

前夜は、翌日のスキンケアを忘れず行なわないといけません。メイクを取り去る以前に、皮脂が十分な部位と皮脂が全然ない部位をチェックし、的確な手入れが大切になります。
乾燥肌の問題で苦しんでいる人が、少し前から相当多くなってきたようです。思いつくことをやっても、大概成果は出ず、スキンケアそのものすら手が進まないというような方も存在します。
顔自体に点在する毛穴は20万個以上だそうです。毛穴が正常だと、肌もきめ細やかに見えること請け合いです。黒ずみを除去して、綺麗さをキープすることが重要になります。
パウダーファンデの中にも、美容成分を入れている製品が売り出されていますから、保湿成分を含有している製品を選択すれば、乾燥肌関連で嫌になっている人も救われると思います。

 

美白化粧品に関しては、肌を白く変えると想像されがちですが、現実的にはメラニンが増大するのを阻んでくれる働きをするのです。ですからメラニンの生成に無関係のものは、通常白くはできないということです。
皆さんの中でシミだと決めつけている大概のものは、肝斑ではないでしょうか?黒色の憎たらしいシミが目の真下だったり頬の周囲に、右と左一緒に発生するみたいです。
皮膚の表面の一部である角質層にとどまっている水分が不足しがちになると、肌荒れになってもおかしくありません。油分が入っている皮脂の方も、減ることになれば肌荒れになる危険性が高まります。
数多くの方々が苦労しているニキビ。実際的にニキビの要因は複合的であることがほとんどなのです。一回発症すると完治は難しいですから、予防していただきたいですね。
口を動かすことが何よりも好きな方だったり、異常に食してしまうといった人は、常日頃食事の量を抑えるようにすれば、美肌を手に入れることができるとのことです。

 

どの部分かとかその時々の気候などによっても、お肌の実態は影響をうけます。お肌の質はどんな時も一定状態ではないことがご存知かと思いますので、お肌の実態にフィットする、効き目のあるスキンケアを行なってください。
毛穴の詰まりが酷い時に、特別役に立つのがオイルマッサージだと言って間違いありません。しかしながら金額的に高いオイルが必要ではないのです。椿油とかオリーブオイルでOKです。
肌のコンディションは人それぞれで、同じ人はいません。オーガニックと謳われる化粧品と美白化粧品の両方の良いところを認め、当面2つともに用いることで、各自の肌に効果のあるスキンケアを見つけ出すことをお勧めします。
メラニン色素が沈着し易い疲れた肌の状態が続くと、シミが出てくるのです。皮膚の新陳代謝を促すには、ビタミンとミネラルが絶対必要になります。
皮膚の表面を構成する角質層に入っている水分が減少すると、肌荒れに繋がります。脂質含有の皮脂にしても、不足しがちになれば肌荒れへと進展します。
なんてことのない刺激で肌トラブルが生じてしまう敏感肌の該当者は、お肌自体のバリア機能が効果を発揮していないことが、主な要因に違いありません。
当たり前ですが、乾燥肌については、角質内に取り込まれている水分がほとんどなく、皮脂に関しても不足している状態です。見た目も悪くシワも目立ちますし、抵抗力が落ちている状態だと言えます。

 

紫外線につきましては常日頃浴びることになるので、メラニン色素は常時生成されています。シミ対策について必要なことは、美白ケア商品を使った事後対策というよりも、シミを発生させないようにすることです。
くすみだとかシミの原因となる物質を抑え込むことが、要されます。このことから、「日焼け状態なので美白化粧品を塗ろう。」という考え方は、シミを取り除くためのケアという意味では無理があります。
皆さんの中でシミだと認識しているものは、肝斑だと言っても間違いないです。黒っぽいにっくきシミが目の下あるいは額部分に、右と左一緒にできることが多いですね。
ホコリもしくは汗は水溶性の汚れだとわかっていて、毎日のようにボディソープや石鹸を利用して洗わなくても良いとされています。水溶性の汚れの特徴として、お湯で洗うだけで落ちるので、覚えておいてください。
敏感肌というのは、「肌の乾燥」が影響を及ぼしているのです。皮膚全体の水分が減少すると、刺激を打ち負かす働きの言い換えれば、お肌自体の防護壁が仕事をしなくなることが考えられます。
ニキビ治療にと考え、ちょいちょい洗顔をする人がいますが、不要な洗顔は最低限の皮脂まで除去してしまう危険があり、逆効果になってしまうことが多々ありますから、頭に入れておいてください。
クレンジングであるとか洗顔をする時は、可能な限り肌を傷付けないように留意してください。しわの因子になるのは勿論、シミも色濃くなってしまうことも想定されます。
力任せの洗顔や不正な洗顔は、角質層に悪影響を及ぼし、乾燥肌あるいは脂性肌、その上シミなど多種多様なトラブルを齎します。

 

くすみとかシミを齎す物質に対しケアすることが、不可欠です。というわけで、「日焼けしちゃったから美白化粧品で元に戻そう!」というのは、シミを薄くする方法としては充分とは言えません。
顔面に位置している毛穴は20万個前後です。毛穴が正常だと、肌も艶やかに見えるわけです。黒ずみを取り除き、清潔さを維持することを念頭に置くことが必要です。
お肌にとって重要な皮脂だったり、お肌の水分を保つ働きをする角質層にある天然保湿因子や細胞間脂質までも、落としてしまうというような力任せの洗顔を行なう方が多々あります。
わずかな刺激で肌トラブルが起きてしまう敏感肌で悩んでいる人は、お肌全体のバリア機能が落ち込んでいることが、重大な原因でしょうね。

 

目の下で見ることが多いニキビであるとかくま等々の、肌荒れの第一の素因となるのは睡眠不足ではないでしょうか。すなわち睡眠に関しては、健康はもちろんのこと、美容に関しましてもないがしろにはできないものなのです。
化粧品類の油分とか諸々の汚れや皮脂が引っ付いたままの状況だとすれば、想定外の事が生じたとしても納得だと言わざるを得ません。早急に拭き取ることが、スキンケアの基本です。
肌を引き延ばしてみて、「しわの深さ」を確かめてみてください。軽度の最上部の表皮だけに刻まれたしわだとしたら、入念に保湿対策を施せば、改善されると断言します。
皮膚の上層部にある角質層に蓄えられている水分が不足しがちになると、肌荒れが誘発されます。油分で充足された皮脂の方も、少なくなれば肌荒れになる危険性が高まります。
乾燥が肌荒れを作るというのは、今や常識です。乾燥することによって肌に蓄えられている水分が十分でなくなり、皮脂の分泌も少なくなることで、肌荒れが生じるのです。
ゴシゴシする洗顔や正しくない洗顔は、角質層を傷めることになって、敏感肌だとか脂性肌、そしてシミなど数多くのトラブルの要素になると言われます。

 

ストレスが原因で、交感神経と副交感神経の機能に異常が現れ、男性ホルモンが異常に出ることで皮脂も多くなり、ニキビが発生しやすい体調になるそうです。
ビタミンB郡ないしはポリフェノール、数多くあるフルーツの成分であるビタミンCは、コラーゲンの産生のアシストをする作用があるので、お肌の内層より美肌をものにすることができるでしょう。
しわに関しては、大半の場合目を取り囲むような感じでできてくるとのことです。どうしてかと言えば、目の近くのお肌が厚くないことから、油分以外に水分も足りないからだと結論付けられています。
乾燥肌トラブルで困っている方が、最近になって想像以上に多くなってきたようです。色んな事をやっても、全く期待していた成果は出ませんし、スキンケアに時間を掛けることさえ恐ろしいと告白する方もいると報告されています。
ここ最近に出てきた僅かに黒くなっているシミには、美白成分が効くと思いますが、かなり昔からあり真皮まで根を張っている状態の場合は、美白成分は本来の役割を果たせないらしいです。